ホーム > FX基礎講座 > 証拠金

証拠金

更新日:2013年11月10日

現在、政権交代から景気回復が期待され、物価上昇・株高・円安となる兆しがある中、投資に興味を持つ方が増えています。投資先にはいろいろありますが、その中でも人気のある投資のひとつが「FX」です。FXは「Foreign eXchange(外国為替)」の略ですが、一般的には「外国為替証拠金取引」のことを指します。

外国為替証拠金取引とは、一定の資金(証拠金)を担保に外国の通貨を売買する金融商品のことです。FXが人気の投資である理由はふたつあります。ひとつは、レバレッジ(leverage)という仕組みを使い、少ない資金で大きな金額の取引を行うことができる点です。

例えば、1ドル100円のとき、1,000,000円の資金でドルを購入すると10,000ドルになり、1ドル101円のときに、それを売却すると1,010,000円となるので10,000円の利益になります。ここで10倍のレバレッジを利用すると、同じ資金で10倍の100,000ドルを購入することができるので、1ドル101円のときに、それを売却すると1,100,000円となるので100,000円の利益になるのです。

FXの取引を行う際は、10,000通貨単位で行うのが一般的であるため、1ドル100円でも1,000,000円という資金が必要になってしまいますが、10倍のレバレッジを利用すると100,000円の資金でも取引を行うことができます。日本国内の個人が取引を行う際は、25倍までのレバレッジを利用することができるため、少ない資金でも取引を始められ人気の投資のひとつとなっているのです。

もうひとつは、シンプルである点です。例えば「株取引」の場合、東証一部の銘柄だけでも1,000を超えるため、その中から投資する銘柄を選ぶ作業は、とても手間がかかってしまいます。FXの場合は、通貨ペアこそ多いですが、実際に取引される通貨ペアは「アメリカ・ドルと日本・円」「ユーロと日本・円」「イギリス・ポンドと日本・円」がほとんどであるため、最初は、この中から選べばよくなります。

初心者にも始めやすい投資ですので、投資に興味がある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

人気記事ランキング

現在、政権交代から景気回復が期待され、物価上昇・株高・円安と...

為替市場は1日の間に途切れることなく、どこかで開かれている市...

FX取引におけるポジションとは損益が確定していない買い注文や...

為替取引を行う場合には、ドル円を例にとると、1ドルが100円...

一定の証拠金を預けて豪ドルなどの外貨を売買するのがFX取引で...

カテゴリー